So-net無料ブログ作成

またも巨大台風24号接近!(映像追加) [日記]

S200_418185937240523873_418249716870775905_origin_1.jpg



またも巨大台風24号が日本に接近、そして列島縦断の可能性があるようです。先日来の地震や台風で甚大な被害を受けた地域にもまた影響しそうな気配ですね、十分に警戒しましょう。予想図によると、日本に接近してからは1日で一気に九州から北海道まで駆け抜けるようですね。速度が速ければ、空模様が急激に変化して、強風が吹いたり豪雨が降ったりするかもしれません。十分な備えと早目の避難が大切ですね。被害を出さずに通り過ぎてくれることを祈ります……。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

電力やガスの自由化に伴う詐欺電話にご注意を! [日記]

電力やガスの自由化に伴い、新たな詐欺電話が増えているようです。ご注意ください。実は今日、うちにもかかって来ました。「東京ガス」を名乗る女性が、まずガスの契約者であるぼくのフルネームを言って本人確認をしたあと、「実は大切なお話がありまして、お時間よろしいでしょうか?」と来たので、「どうせガスと電力の請求・支払先を一本化しろ」というような話だろうし、それならわざわざ聞く必要もないなと思い、その旨を伝えようとしたら、こちらに口をはさむ余地も与えずに一方的に勝手に説明を始めたので、ちょっと腹が立ってそのまま切ってしまいました。発信元の電話番号はフリーダイヤルで「0120-00-6808」。「フリーダイヤルで電話をかけて来る業者は大抵が詐欺」と言う噂もあるので注意した方が良さそうですね。念のため、この電話番号をググって調べてみると、案の定、多くの口コミ情報が見つかりました。うちには「東京ガス」を名乗っていましたが、同じ電話番号からかけているにもかかわらず「東京電力」を名乗ることもあるようで、ますます怪しいですね。本人確認のためとか言いながら、巧みに住所や電話番号(かけて来ているのだからわかっているはずなのに……)、銀行口座等を聞き出そうとするようです。余計な個人情報を教えてしまわないように注意しましょう。ちなみに、口コミ情報の中に、本物の「東京電力」に電話をして確認された方がいらっしゃいましたが、東京電力ではこういうキャンペーンの電話はしておらず、その方との通話記録もないとのことで、詐欺の可能性が高いと言われたそうです。マイナンバー制度や電力・ガスの自由化等、さまざま制度を悪用した新種の詐欺が増えて来ています。おまけにますます巧妙化して、本物か偽物(詐欺)かを即座には判断し兼ねるものもあったりするので困りますね。悪質な詐欺に引っ掛からないように十分気を付けましょう!
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『時計じかけのオレンジ』はタブー?(ネタばれ注意!) [日記]


ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 文庫



ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/06/21
  • メディア: 文庫


先日第1巻を読んでハマってしまった『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ、早速続けて第2巻と第3巻を読みましたよ~。読書はわりと好きな方ですが、あくまでも余暇を過ごす楽しみのひとつなので、作家やその作品に関して語れるほどの蘊蓄は持ち合わせていません。そんなぼくに、このシリーズは目新しい知識を与えてくれました。誰でも知っているような著名な作家や作品にも隠れた裏話はいろいろあるものなんですね~。
まずは『時計じかけのオレンジ』。映画にもなったこの作品、タイトルだけはず~っと昔から知っていたのですが、なぜかぼくの中で「この作品は危険だから絶対に覗いたり触れたりするんじゃないぞ!」という妙なブレーキが働いて、気になるものの読んだことはもちろんなく、したがって内容もよく知りませんでした。Wikipediaによると、「暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、サタイア(風刺)的作品」だそうですから、ぼくにとっては読まなくて正解だったかもしれません。この作品の薀蓄と言うのは最終章のことで、オリジナルの英国版にはあった最終章がなぜか米国版では削除され、日本版もその米国版から翻訳されたということです(映画も米国版を元にして撮られたようです)。後に「完全版」として最終章が復活したものが出版されたようですが、同作品なのに全く正反対の結末を持つ2種類の版が出ているのも珍しいですよね~。
次に、歴史小説家で有名な司馬遼太郎氏が、担当編集者に頼み込まれて嫌々ながら書いた推理小説『豚と薔薇』があるということ。歴史小説が苦手なぼくは氏の作品は全く読んだことがないのですが、推理小説なら読んでみたいと思いました。ただ、司馬遼太郎全集にさえも収録されていないようなので……。もうひとつ、氏が新聞社勤め時代に本名の福田定一名義で出版した「名言随筆 サラリーマン」というのがあること。歴史小説家のイメージがどんどん崩れて行くような気がしますね。
他にも、足塚不二雄氏のマンガ『UTOPIA 最後の世界大戦』に関するうんちくがありました。作者名から想像が付くかもしれませんが、藤子不二雄(藤子・F・不二雄)氏の初期のペンネームだそうです。
司馬遼太郎氏も藤子・F・不二雄氏もとても有名なのに、ぼくには知らないことばかりでした。この『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズが、これからもぼくにさまざまな作家や作品に関する知識を与えてくれることでしょう。続けて第4巻以降を読もうと思っています。

★    ★    ★

話は変わりますが、ここで金井夕子さんのテレビ、オン・エア情報~!
今週土曜日9月22日午後7時より、TOKYO MXTVで、クリス松村さん司会の音楽番組「ミュージック・モア(番組HP→https://s.mxtv.jp/music/music_more/)」に出演されて、金井夕子withまめしばで『パステル・ラヴ』を歌われるそうです。さまざまな音楽に詳しいクリス松村さんとのトークも楽しみですね。東京近郊の方しか見られないのが残念ですが、よろしければご覧ください。

【追記(9月22日記)】
今夜の「ミュージック・モア」で金井夕子さん、その原点とも言える、「スター誕生決戦大会」で歌った『片思い』をまず披露されました。これは予期していなかったのでビックリ! ちょっぴり得した気分でした。「スター誕生」には3度出場、1度目は山口百恵の『湖の決心』を、2度目は伊藤咲子の『青い麦』を、そして3度目に中尾ミエの『片思い』を歌ったとのことですが、1度目と2度目の選曲がちょっと意外でした。アイドル・ポップスよりも大人っぽい曲の方が合っている気がしたので。そして最後にデビュー曲の『パステル・ラヴ』を……。デビュー当時と同じカラオケを使っていたような気がしますが、キーは変わってないようですね~! まめしばの男声コーラスが加わることで曲に厚みと言うか奥行きができて良かったです~。
P.S.「ミュージック・モア」予告編の動画は再生できなくなっていましたので削除させて頂きました。
【P.S.追記(9月24日)】
フル・コーラスではありませんが、「ミュージック・モア」での金井夕子さんの歌唱の模様が一部、keiZiroさんのブログ記事(→https://ameblo.jp/keiziro-z/entry-12407219506.html)で見られますので、よろしければどうぞご覧ください。
【さらに追記(9月26日記)】
金井夕子さんの「ミュージック・モア」での『片思い』「パステル・ラヴ」の歌唱部分がYOUTUBEにアップされてましたのでこちらにもアップしました。残念ながら、クリス松村さんとのトークの部分はなしです……。

nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

遅ればせながらハマってます! [日記]


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/03/25
  • メディア: 文庫


以前から気になっていて、いつか読みたいと思っていた三上延著『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ、第1巻を読んだらしっかりハマってしまいました。続けて、現在刊行されている第7巻まで読もうと思っています。ちなみに、この作品は元々20代の男性読者がターゲットらしいのですが、現在では読者の8割が女性だそうです。小・中学生の読者のために、漢字にルビが振られた角川つばさ文庫シリーズも出ているようです。いずれにしても、還暦過ぎのオヤジが読む作品ではないみたいですが、ハマってしまったものはしょうがないですよね……^^;。実在する書物を題材にして物語が進行するので、本好き読書好きの方なら、年齢性別に関わらず十分に楽しめる作品だと思いますよ。
この作品、2013年には剛力彩芽とAKIRA主演で、フジテレビでドラマ化されたようです。ぼくは見ていないのですが(でも、たぶんこのときにこの作品を知って興味を持ち始めたのだと思います)、剛力彩芽が主人公の古書堂店主、篠川栞子のイメージに合う・合わないで議論が巻き起こったらしいですね。第1巻を読んだ限りでは彼女のイメージには合わない気もしますが、そこは女優さんですから、懸命に役作りに頑張ったのではないでしょうか……。そして今年、黒木華と野村周平主演で映画化されるようです(11月1日ロードショーだそうです)。ぼくはこの、野村周平のイメージがもうひとりの主人公、五浦大輔(背が高くて柔道段持ちのがっしり体型)に合わない気がするのですが、彼もやはり俳優さんですから、きっと彼らしい五浦大輔を見せてくれることでしょう。普段は映画もドラマもほとんど見ないぼくですが、この映画、ちょっと見たくなって来たかも……^^;。ちなみに、ドラマ版の方はYOUTUBEにもFullでアップされていましたよ(もしかしたら、すぐに削除されてしまうかも?)。

nice!(18)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャ〇ーズ事務所に激震? [日記]

それほどの興味もないのですが、ジャ〇ーズ事務所の後継者に滝沢秀明が指名されたとかで、昨今の芸能ニュースを賑わしてますよね~。近藤真彦や東山紀之などが噂されていただけに、どういう経緯でタッキーに決まったのでしょうね。マッチは数年前、半ば事務所のゴリ押しみたいな形で紅白に出場して大トリを取りましたよね。事務所で大事にされてるものだとばかり思っていましたが、もしかしたらあれが、ジャニーさんの用意した「最後の花道」だったのでしょうか? 
そういえば、芸能ニュースでは「粛清」の言葉も踊ってましたね~。タッキーによるジャ〇ーズ事務所内の粛清? まるで北朝鮮の金正恩みたいな扱いですよね。その「粛清」のやり玉に挙げられているのが元TOKIOの山口達也(もう事務所とは関係ないのでしょうけど)や元SMAP残留組の木村拓哉と中居正広だったりしますが、今後どうなるのでしょうね? 元SMAPのあとの3人は先に抜けておいて良かったかもしれませんね。今回の件で泥をかぶる羽目にはならずに済みそうですから。いずれにしてもここしばらくは芸能ニュースに話題を提供し続けそうですね。タッキーになって状況が変わることも期待しないわけではないのですが、喜多川姉弟べったりらしいという噂ですからねぇ……^^;。
nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっと買う気にはなれなかったけど……。 [日記]

ときどきヘンテコリンな味のものが発売される、ご存知「一平ちゃん」シリーズですが、今月24日のお月見を前に、「焼きうどん」で次の2種類が発売されました!
ippeichan.jpg
「一平ちゃん夜店の焼きうどん 十五夜お月見 みたらし団子味」と「一平ちゃん夜店の焼きうどん 十五夜お月見 あんこ団子味」。焼きそばではなく焼きうどんなので、「みたらし団子味」は甘塩っぱくてそれなりに行ける気がするのですが、あんこ団子味はどうでしょうねぇ? 小麦粉でできた麺にあんこソースがからむわけですから、ちょっと変わったお汁粉とでも考えれば行けなくもない? いずれにしても、今日スーパーで見かけたのですが買う気にはなりませんでした。代わりにというわけでもないのですが、焼きそばが食べたかったので、こちらを買って来ました。
janbaraya.jpg
「一平ちゃん夜店の焼きそば 大盛 ケージャンソース ジャンバラヤ味」! あのお米料理ジャンバラヤの味と香りがしっかりします。粉トウガラシ風のふりかけが付いていて、これが結構辛いです。大盛りなので食事として満足できる量ですが、その辛さゆえに、しょっちゅう食べたくなる味ではないかもしれません。ただぼくは、お米のジャンバラヤも好きなので、たま~に食べたくなりそうな気がしないでもないですが、ハードリピーターにはならないと思います。皆さん、良かったらお試しください。そして、「十五夜お月見」シリーズの焼きうどん試された方がもしいましたら、その感想などを是非お聞かせくださいませ~!
nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

猛烈台風21号! [日記]

猛烈台風21号は4日正午頃に徳島県南部に上陸したようですね~。郷里の和歌山市でも、一部避難勧告が出されている地域があるようです。今回の台風はスピードも速いらしく、空模様が急激に変わることもあるそうです。十分にご注意ください。「危ないかな?」と感じたら早目に避難した方が良いかもしれません。外出も、緊急の場合を除いては避けた方が良さそうですね。東京も、今朝から雨足が強くなったり弱くなったりで、今は風も強くなって来ました。何の被害も出さずに通過してくれますように……!

【追記】徳島県に上陸した台風21号はその後神戸市付近に再上陸し、4時現在の今は北陸地方、小松市の方へと向かっているようです。近畿地方の関西電力エリアでは大規模な停電も起きているようで、和歌山市も例外ではありませんが、幸いにも、実家のある地区は停電を免れているようで安心しました。関西空港連絡橋にタンカーがぶつかって橋がかなり損傷し、JR線・南海線ともに長期運休になるという情報もあります。関西空港発着の空の便はどうなるのでしょうね? 唯一の連絡橋が使えないとなれば、関西空港は孤島同然になってしまいますもんね。かなりの影響が出ると思われます。台風21号は今後、東北の日本海側を進み、北海道に達するようですね。今の東京は雨は降っていませんが、かなり強い風が吹いています。まだまだ油断はできません。十分に注意しましょう!

【追記(9月6日記)】 今朝起きてメールをチェックしていて「地震情報」というタイトルが目に止まり、「うん? 今朝は揺れは感じなかったけど?」と思いながら開いてみたら、「震度6強」という文字がまず目に飛び込んで来てビックリしました! 北海道で深夜3時過ぎに最大震度6強の地震が起きたのだとか……。真夜中就寝中の「震度6強」はものすごく怖かったと思います。建物倒壊の情報も出ていますね。停電も続いているようです。今後の余震にも十分にご注意ください。被害がさらに拡大しませんように……。猛烈台風に巨大地震と自然災害が続いています。常に備えておかなければいけませんね……。

【追記ー余談】 和歌山市の実家付近の台風被害がちょっと気になって、グーグルで「台風21号 被害 和歌山市」で検索してみると、電柱が倒れて切れた電線が目の前でパチパチ鳴ったとか、多くの家屋で床下・床上浸水の被害が出たとか、屋根が吹き飛ばされたとかという情報が山ほど出て来てゾッとしましたが、各記事の日付を確認すると「2017年」で、昨年の台風21号での被害状況でした。同じ「台風21号」の情報なので紛らわしいですね。ちなみにYOUTUBEでも和歌山市の被害状況の映像が数多く出て来ましたが、いずれも2017年のものでした。検索する際にはちょっと注意した方が良いかもしれませんね(ただ単にぼくが「慌て者」だというだけのことか……^^;)。

★    ★    ★

gazou.jpg


先日の絵についてのコメントを、てんてんさん、ゆうのすけさん、英ちゃんさんから頂きました。ありがとうございました。
ぼく自身が感じたことも、お三方が感じられたことと共通する部分があるのですが、犬がロープに繋がれて自由を失くしているように、人間も、本来は生活を豊かにするために開発されたはずの携帯やスマホに縛られて自由を失くしているように感じました。昨今は、人間の生活を便利にする目的で開発された機器やSNS等が、その使い方によっては自らの首を絞めるような事態になることも多いですもんね。
少し話は違うかもしれませんが、大学の哲学の授業のときに、教授が、「その昔、奴隷は鉄球と鎖の付いた輪っかを足に嵌められて厳しい労働を強いられてきたが、現代人は、手首に輪っかを嵌められて、時間の奴隷になっている。だから、奴隷になりたくなければ手首の輪っかをはずそう!」と話したことを思い出しました。教授の話は別としても、ぼくは今でも腕時計があまり好きではありません……。
一方、犬を飼っている方や犬が大好きな方は、北斗晶さんのブログのコメントでは、このスマホを握っている男性を犬の飼い主だと捉えたようですね。犬を繋ぎっぱなしにしておいて、自分はスマホばかりいじっていて、ちっともかまってあげない、これでは犬が可哀そう、動物虐待ではないか、という意見が多かったようです。ぼくは、この男性が犬の飼い主だとは全く思わなかったのですが、それはぼくがペットを飼った経験がないからでしょうか……。
nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感