So-net無料ブログ作成

お願い

当ブログで流しておりますBGMに関しまして、何人かの方からご指摘がありましたので、あらためてご説明させて頂きます。
実は、左側サイドバーの下の方の『Musique』欄にYOUTUBEの小さいのが貼り付けてありまして、皆さんにブログを訪問して頂いた際に、自動的にBGMが流れる設定にしてあります。
ところが、記事中にもYOUTUBEが貼り付けてある場合、音声が重なって聴くことができないとのご指摘がありました。その場合は、お手数をお掛けして申し訳ありませんが、『Musique』欄の方のYOUTUBEの音声を「ミュート」にして頂けると有難いです。その際、記事中のYOUTUBEも同時に「ミュート」状態になっていると思いますので、今度はこちらの「ミュート」を解除してください。ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。
前の10件 | -

明菜ちゃん54回目のBIRTHDAY~☆彡☆彡☆彡~! [日記]

最近はまたちょっと雲隠れ状態ですが、明菜ちゃん、54回目の誕生日、おめでとうございますぅ~☆彡☆彡☆彡~! そう言えば同期の秀美ちゃんも同じく今日が誕生日でしたね~。ちょうど22歳の誕生日を迎える直前の映像がありましたのでアップします。



靴が片方脱げても意に介せず、エア・シューズ状態で平然と歌い踊り続ける明菜ちゃん、スゴイです~! 左右の足のバランスが取りにくかったでしょうに……。靴が脱げたと言えば、やはり同期のちえみちゃんが観客席に靴をすっ飛ばしてしまった事件がありましたね~。優ちゃんも、ザ・ベストテンのときに身支度が間に合わなくて、片手に口紅、もう片手に靴を持って出て来たことがありました。歌う前に靴は履いたようですが、結局、口紅は付けないままでした。若い頃なので問題はなかったでしょうけどね。

続いて明菜ちゃんがノリノリで『青い珊瑚礁』を歌う映像……。スター誕生2度目の挑戦のときに歌った曲でしたね~(1度目は『夏に抱かれて』で、合格した3度目は『夢先案内人』でした)。


nice!(27)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

選挙公報は届いたけれど……。 [日記]

来たる7月21日が参議院議員選挙の投票日ですよね~。今日、東京選挙区と比例区それぞれの公報が届きましたが、衆議院議員ほど地域密着型ではないので余計に候補者を選びにくいですよね~。ぼくはこれと言った支持政党がないので、特に比例区などは困ってしまいますね。たとえば、議案1に関してはA政党の政策が支持できたとしても、議案2に関してはむしろA政党の考え方には反対でB政党に賛成だったりするし、さらには、全般的には支持できなくても議案3に関してだけはC政党の意見に賛同できたりもするので、ひとつの政党を選び切れないんですよね~。人を好きになるのと同じように、「あばたもえくぼ」で少しくらい受け入れ難いあばたの部分があっても、それさえもえくぼだと思ってスルっと飲み込んで支持できる政党があれば良いのですが、なかなか上手くは行かないですね~。
各政党のカラーも判りづらいですよね~。一貫して政党名も変わらない「自由民主党」や「日本共産党」、「公明党」は別としても、かつて自民党から政権を奪ったのちに大コケしてしまった民主党は「国民民主党」と「立憲民主党」に分裂した(?)ような感じで違いもよく判らないし、「社民党」は土井たか子さんの頃の勢いはどこにも感じられないし、「日本維新の会」や「れいわ新撰組」、「オリーブの木」、「NHKから国民を守る党」、「幸福実現党」、「労働の解放を目指す労働者党」、「安楽死制度を考える会」など、今ひとつ把握し切れない新たな政党も増えて来てますからね。いずれにしても投票には行くつもりですが、頭が痛いなぁ……(^^ゞ。
nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

夢うつつ? [日記]

長い人生の間には嬉しかったことや楽しかったこともたくさんあるはずなのに、人はどうして悔しかったことや恥ずかしかったこと、辛かったことばかり覚えているのでしょうね? 還暦も過ぎて未来よりも過去の方が長くなったせいか、最近、う~んと昔の出来事が妙にリアルな形で夢に出て来るんですよ。それも、学校の先生か誰かに言われたひと言に、みんなの前で顔から火が出るほど恥ずかしい思いをしたこととか、嫌なことをされたのに、その場ではっきりと抗議してけりをつけて来なかったばかりに、いまだに歯痒い思いを引きずっていることとか、いわゆる「負の思い出」ばかりが出て来るんです。そしてふいに目が覚めて、それらがまるで今現実に起きたばかりの出来事のように恥ずかしさや悔しさを感じていたりします。声を上げた覚えもあります。ただ、朝起きたときには、何か夢を見ていたという記憶があるだけで、夢の内容についてはすっかり忘れているので、夜中にふいに目覚めて声を上げたことさえも、もしかしたら夢の中での出来事だったのかもしれません。夢の中でまた夢を見ているような感じですね。眠りが浅くて夢とうつつとの境い目が曖昧になっているのかな?

おまけ:『夢うつつ』by 北川剛。YOUTUBEに本人歌唱の音源がなかったのが残念!
yumeutsutsu.jpg


P.S. 先日記事にしたフジパンの「パインぱん」、近所のスーパーでは今年はレギュラー販売されるようで、昨日もGETして来ました。「期間限定」というフジパンさんの戦略にまんまとしてやられてます……(^^ゞ。
nice!(21)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

美味しいカボチャの見分け方? [日記]

pampkin.jpg


はぁ~、またやっちゃいました~(^^ゞ。冷蔵庫の野菜室で保存中のカボチャに青カビが生えました。先日天ぷらに使っただけですが、今回は全体的に青カビの斑点が見られたので仕方なく処分しました……。青カビの生えた部分だけをきちんと取り除けば大丈夫と仰る方もいますが、専門家によれば、カビの胞子が果肉のどのあたりまで深く侵入しているかは外から見ただけではわからないので食べない方が無難だそうですよ。梅雨時で食中毒も心配ですからね~。
で、美味しいカボチャの見分け方。皮が緑一色のものよりも、ところどころにオレンジ色の斑点(ランドマーク)のある方を選ぶ方が良いらしい。ここは日焼けしていない部分で、中の果肉の色に近い色らしく、オレンジ色が濃いほど熟しているそうです。実はぼくは、このオレンジ色の斑点が好きではなくて、いつもきれいな緑色のものばかり選んでました。カットされているものに関しては、ずっしりと重くてオレンジ色が濃く、種が大きくてワタとともにぎっしりと詰まっているものが美味しいそうですよ。
それでは、傷みやすいカボチャと傷みにくいカボチャはどうやって見分ければ良いのでしょうね? 同じような見た目のものを選んで買って来て、種とワタをしっかりと取って、ラップに包んで野菜室に保存しておいても、すぐに傷んでブヨブヨになったり青カビが生えたりするものと、乾燥はして来るけど傷みにくくて長持ちするものとがありますよね。どうすれば見分けられるのでしょうね?
いやぁ、特にカボチャ好きというわけではないのですが、以前にも書いたようにニンジンがちょっぴり苦手なので、β‐カロテンを摂取できる食材としてはカボチャくらいしか思い付かなくて、それで日常的に買って食べるようにしてるんですけどね。ちなみに、日本カボチャよりも西洋カボチャの方がβ‐カロテンの含有量がかなり多いようですよ。そういう意味では、メキシコ産のカボチャを買うのは正解かも?

★    ★    ★

今日は七夕ですが、東京はあいにくの雨模様ですね。今日は金井夕子さんの61回目の誕生日でもあり、新宿でバースデーライブを開催されてます。目黒ひとみさんがゲストということで、金井さんと目黒さんとkeiZiroさんの3人でギャルの『マグネットジョーに気を付けろ』を歌われるそうですよ。行きたかったなぁ……(T_T)。

birthdaylive2019.jpg

nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

フジパン夏の「パインぱん」祭り~、2019! [日記]

painpan.jpg

今年もやって来ましたよ、フジパン夏の「パインぱん」祭り~!(んなもん、あるかいや~!) ぼくが「パインぱん」を知ったのはここ数年前で、ソネブロの皆さんの情報からなんですけどね。昨年はいつも行く近所のスーパーでたまたまなぜか大量に販売していた日があり、そのときに初めてGETして食べたのですが、その後は2度と口に入らず仕舞いでした……(-.-)。ところが今年は同じそのスーパーで昨日、難なくGETできました~\(^o^)/! 今回は大量販売していたわけではなくてプロパー商品の棚に5、6個あっただけでした。今年はレギュラーで販売してくれるのかな? あるいは今年もたまたま仕入れた日に当たってラッキーだっただけなのかな? 昨今次から次へと売り出される華やかな新商品に比べれば、パッケージも味もレトロ感満載で地味目ですが、毎年期間限定となるとどうしても食べたくなりますね~。シンプルですが、飽きの来ない味で美味しいですもんね。パッケージ裏面の「原材料名」欄を見て驚いたのですが、あれって含有量の多い順に書かれていると思うのですが、最も多いのが「小麦粉」なのは当然としても、2番目が何と「ドライパインアップル(原文表記のまま)」なんですよ! 粒が小さいので目立ちませんが、噛むたびに口の中でプチプチした食感が広がるので、実際には結構大量に入っているのかもしれません。そしてそれこそが美味しさの秘密なのかも……。今回は幸先よく発売開始早々にGETできましたが、今年はあと何回GETできるかなぁ……。
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

接続不良で朝からイライラ~! [日記]

7月最初の記事が不満・愚痴になってしまって申し訳ありませんが、PCの不調って何の前触れもなく突然にやって来ますね~。先日は、いつもご訪問&nice!&コメントをくださるゆうのすけさんのところでPCの不調(立ち上がらない)があったばかりですが、今日はうち……。PCそのものの不調というよりは接続不良でイライラ。朝PCを立ち上げてからしばらくは問題なく使えていたのですが、そのうちに接続が切れ始め、それが少しずつ頻繁になり、10分間隔だったのが5分間隔に、さらには3分間隔になり、どこかのサイトのページをめくるたびに切断されるようになった頃にはイライラも最高潮! もう少しでプロバイダに、「こんな接続状態で接続料金を徴収したら詐欺で訴えてやる!」と電話しそうになったくらいでした(^^ゞ。ところが、ダメ元でモデムを初期化したらあっけなく解決……。毎日酷使されて、モデムさんもさぞかしお疲れモードだったのでしょう。しばらくは様子を見なくてはと思っていますが、現時点では特に問題はなさそうです。また頻繁に接続が切れるようになったら、今度はモデムを交換して貰うことになるでしょうね。PC、あるいはネットの依存症ではないと思っているのですが、それでも依存度はかなり高いかもしれません。この程度の不調でイライラが爆発しそうになるくらいですから……(>_<)。

今日は「半夏生」ですね~。関西では半夏生にタコを食べる習慣があるとか聞きますが、実家の方ではそういう習慣はありませんでした。関西でも地域によるのかな? たこ焼きでも食べようかな……(笑)。ちょっとググってみると、福井県の一部では半夏生に「焼き鯖」を、香川県では「うどん」を食べる習慣があるらしいですよ。日本も広いですね。
【追記】今日近所のスーパーに行ったら、半夏生ということでタコの特売をしていました。東京でも習慣になりつつあるのかな? 結局、たこ焼きも含めてタコは買いませんでしたが……(^^ゞ。

P.S.九州の方では大雨で避難勧告が出されている地域もあるらしいですね。しばらくは雨が続きそうです。十分に注意しましょうね!
nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ご飯が食べたくなくて……。 [日記]

このところ、あんまりご飯が食べたくなくて困ってる……。決して食欲がないわけではなく、チョコやビスケット、お煎餅などはしょっちゅうつまんでるし、アイスクリームなんかもよく食べるんだけど、一汁二菜とか三菜とかっていうガッツリしたご飯が食べたいと思うほどにはお腹が空いてくれない。「毎日3食きちんと食べる」ようにしてるのになぁ……。そのくせ、じゃがいもや玉ねぎ、茄子にピーマンにカボチャなど、値段が安いとつい買い込んでしまい、使い切れなくて腐らせてしまう。そのままで食べられる豆腐や納豆なども、気が付くと賞味期限が切れていたりする。調理が面倒臭いというのもあるのだろうけど、実は、本当に食べたいと思うものがないせいかもしれない。昨今、食糧事情の良くなかった昔の日本と違って好きなものが何でも食べられる飽食の時代なのに、かえって人は本当に食べたいものを食べていないと言われている。目の前にあるいくつかの選択肢の中から、「今日はこれでいいかな」程度のものを選んで食べているらしい。言われてみれば、最近、「今日はカレーが食べたい!」とか「どうしてもとんかつが食いてぇ~!」とかって思ったことがないな。冷蔵庫に豚小間肉が少し残ってるから、あり合わせの野菜と一緒に炒めて食べてしまおうとか、カボチャが傷んで来そうだから煮物にして片付けてしまおうとかって、食べたいものよりも冷蔵庫の食材と相談してメニューを決めることが多い。強いて食べたくなくても、食材を無駄にするよりは腹に収めた方がマシ、というわけだ。気が進まなくても、無理矢理作ってしまえばどうにかこうにか食べてしまうが、それも食べたくないときはもう最後の手段で、茶碗1杯分のご飯を小さめ2個のおにぎりにしてインスタントの味噌汁かお茶で流し込んでしまう。これからどんどん暑くなって来ると「冷やし茶漬け」の出番が多くなるかもしれない。何とか工夫してきちんと食べるようにしたいけどなぁ……。

料理と言えば、大人気のドラマ『きのう何食べた?』が最終回を迎えたらしい。何人ものYoutuberさんがシロさんやケンジの料理レシピを再現して動画にアップしている。「深夜の飯テロ」ドラマとも呼ばれているようで、素人にも簡単に作れて美味しそうなレシピが多いが、それでも、自分で作って食べてみようという気にまではならないんだよなぁ……(^^ゞ。ここで、ケンジが作った「サッポロ一番みそラーメン(ケンジ特製)」の動画を見つけたのでご紹介を……(音声がものすご~く小さいので、ボリュームを上げてください。視聴後に元のボリュームに戻すこともお忘れなく!)。何でも、ドラマ放送の翌日には、多くのスーパーで「サッポロ一番みそラーメン」が売り切れもしくは品薄になったらしい。恐るべきドラマ効果!


nice!(26)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

パワー不足? [日記]

寝ても寝ても寝足りない気がするし、大したこともしてないのに妙に疲れてるし、何にもやる気が起こらないし、これはもう、梅雨時の蒸し暑い気候のせいばかりではなく、肉体面でも精神麺でも、さらには経済面までも含めてパワー不足だとしか思えない今日この頃……。昨夜眺めたストロベリームーンから少しはパワーをもらえたかなぁ……。梅雨の晴れ間にとても鮮やかに見えましたね~。ちなみに、ストロベリームーンとは6月中に見られる満月のことで、必ずしもその名の通りに赤みがかって見えるわけではないみたいです。好きな人と一緒に見るとその人と結ばれるとかって言われているようですが、昨夜残業になって、嫌な上司や先輩、同僚、後輩等と一緒に見る羽目になってしまったそこのアナタ、お気の毒様ですぅ~。

このところのブログ更新も「読書日記」ばかりで、世の中の事件や事故、出来事等に対する自分の考え方や意見などは何も書いていませんが、これもパワー不足のせいだと思います。少し前の、園児の列に車が突っ込んで園児が亡くなったり怪我をした事故で、何故か保育士側が責任追及・糾弾されていたことや、川崎市で通学途中の小学生や保護者が無差別に切りつけられた事件などに対しても、言いたいことはそれなりにあったりもするんですが、結局は思うようにまとめられなくて……。Twitter等で自分の考えを主張して、多くの方の賛同を貰えると思いきや、思いっ切り批判や非難を浴びている人をときどき見かけますが、自分の意見や考え方をしっかりとまとめて主張するのにも、また、批判や非難に対してきちんと対処するのにも、ものすごいパワーが必要だと思うんですよ。友人と会ったときにはいろいろな話をしていますが、いざ、それを文章にまとめて皆さんに読んで頂こうと思うと、これがなかなか難しいんですよ。ときには「認知症の始まりか?」と疑いたくなるほどに的確な言葉が出て来なくなることもありますしね(実際、物忘れは酷くなってる気がします。芸能人や学校時代のクラスメート、会社勤め時代の同僚等、顔まで思い出せているのに名前が出て来ないなんてことは日常茶飯事ですから)。ぼくと同年代から上の世代でも、元気一杯に八面六臂の活躍をされている方がとても羨ましいですね~!

備忘録がてら今日も読書記録を……。今回は短編集で『京都迷宮小路 傑作ミステリーアンソロジー』。

傑作ミステリーアンソロジー 京都迷宮小路 (朝日文庫)

傑作ミステリーアンソロジー 京都迷宮小路 (朝日文庫)

  • 作者: 浅田次郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: 文庫


数名の作家の京都を舞台にした短編ミステリーが収められており、その中に岡崎琢磨さんの名前を発見したので読んでみたのですが、残念ながらその短編は既読のものでした。作品は作家さんごとにそれぞれ特徴があって面白かったのですが、短編集ではどうにももの足りない……。やはり、ある程度の長さで「読んだぞ~!」って満足感のある作品が読みたいですね……。

【追記(6月19日朝記)】
一昨日の17日夜に中国の四川省でM6.0の大地震が起きて(その後も4回の余震(最大M5.1)が起きたそう)死者・負傷者を出したと思ったら、昨夜は山形県沖を震源とする最大震度6強(新潟県村上市で観測)の大地震が起きました。津波も発生したようです。東京でも「あれっ、地震かな?」と思う程度の微弱な揺れを感じましたが、揺れた時間が短かったので、まさか震度6強の地震が起きてるとは思いませんでした。夜間の地震は怖いですし、停電ともなればなおさらですよね。大きな被害が出ないことを祈ります。大きな余震もなければ良いのですが……。
nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

またも読書日記と化しますが……(^^ゞ。 [日記]

関東地方も先日梅雨入りしましたが、今年は例年並みの梅雨になるのか、最初からそれなりに雨が降ってくれますね~。集中豪雨やゲリラ雷雨で被害が出ても困りますが、かと言って空梅雨で水不足になるのも心配ですもんね~。

雨の夜は雨音をBGMにしてゆっくりと読書……。ということで、秋川滝美さんの新作『マチのお気楽料理教室』を読みました。
amazon -->
マチのお気楽料理教室

マチのお気楽料理教室

  • 作者: 秋川 滝美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


義母の死後、二世帯住宅の自宅の一部を改造して料理教室を始めた元添乗員のマチ。不定期開催のため、その都度事前にネット上で参加メンバーを募るシステムになっている。マチが教えるのは、添乗員だった頃の経験を生かした、各地に伝わる郷土料理の数々。ネタばれになるが 各章ごとに取り上げられている料理は「どんどろけ飯(鳥取県)」「トンテキ(三重県四日市市)」「冷や汁(宮崎県、他に埼玉県や山形県バージョンもあり)」「チキン南蛮(宮崎県)」。料理教室の章の他に、マチと友人とのジンギスカンの宴もある。ただ、これまでの秋川さんのグルメ小説とは違って、詳細なレシピまでは紹介されていない。
マチの料理教室の参加メンバーはベテラン主婦や熟年男性から男子新入社員や女子高生までと、年齢も職業もさまざま。一緒に料理を作りながら、おふくろの味や亡き妻の好物の味等に想いを馳せ、それぞれの人生談義に花を咲かせる。料理教室では聞き役に回ることの多いマチにも秘められたこれまでの人生があって……。
人間生きていれば老若男女を問わず悩みや心配事のひとつやふたつはあろうというもの。美味しい料理を作って食べながら、そんな悩みや心配事をみんなで分け合って解決して行くのもまた良し……。


ぼくが一番興味を惹かれたのが「どんどろけ飯」。油で炒めた豆腐を入れた炊き込みご飯のようだ。炊き込みご飯に炒めた豆腐を入れること自体が珍しい。ちょっとググってみたところ、豆腐と、油揚げやゴボウ、ニンジン等の野菜、家庭によっては鶏肉を油で炒めてから、通常の炊き込みご飯風の調味をして炊くらしい。試してみたいけど、実は子どもの頃、ぼくは炊き込みご飯が苦手だった(^^ゞ。味が苦手だったわけではない。母が、「おかずはご飯の中に全部入ってるでしょ!」と言って、味噌汁以外におかずを作ってくれなかったから。炊き込みご飯でもご飯はご飯、おかずはおかずなのになぁ……。

「トンテキ」は実家でも聞いた覚えがある。牛の「ビフテキ」に対して豚の「トンテキ」。ところで、「トンテキ」と「ポークソテー」と「ポークチャップ」ってどう違うんだろう? 肉の厚みが違う? かけるソースが違う? 焼き方が違う? イマイチよくわからない。「トンテキ」は「ビフテキ」に対しての「トンテキ」だから、一番のご馳走だという気はするけど……。

「チキン南蛮」も自分で作って食べたいなぁ……。鶏胸肉を揚げて甘酢に浸けてタルタルソースを添える? スーパーのお惣菜で食べたことはあるけど、本場のチキン南蛮は食べたことがないから、これが本来の味、というのがわからない……。

読書日記のつもりが食べ物の話ばかりになっちゃったけど、『マチのお気楽料理教室』はシリーズ化されるのかなぁ……。
nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

毎年恒例の『東京バンドワゴン』シリーズ読了~! [日記]

毎年4月に出版される小路幸也氏の人気シリーズ『東京バンドワゴン』の第14作目『アンド・アイ・ラブ・ハー』を読んだ。

アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン

アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: 単行本


東京下町で古書店とカフェを営む大家族堀田家とそのご近所さん、常連さんたちとの心温まる交流を描いた作品であることは今回も変わりないが、病気で一進一退を繰り返していた我南人のバンドメンバーのドラマー、ボンさんが亡くなったり、青の奥さんのすずみさんに子宮筋腫が見つかり、この先元気に生きて行くことを優先するために子宮全摘出手術を受ける決意をしたり、戦災孤児で縁あって堀田家に引き取られ、主人の勘一とは兄妹同然に過ごして来たかずみさんが、最近緑内障がひどくなって家事も満足にできなくなり、それでは堀田家の皆に迷惑をかけることになると思って、自分ひとりで介護付き老人ホームに入居することを決めて来て堀田家を出て行ったりと、普段よりは少し重いトーンで、現代人なら誰しもが多かれ少なかれ避けては通れない病気や老い、介護等のテーマを扱っていて、高齢の両親を故郷に残して東京で暮らしているぼくにとってもいろいろと考えさせられることが多かった。たかが人生、されど人生……。
(ごめんなさい、『東京バンドワゴン』シリーズをご存じない皆さんには我南人が誰ですずみさんが誰でかずみさんが誰なのかもわからないかもしれませんね。ですが、この大家族のメンバーすべてをご紹介するとなると日がな一日かかりそうですし、ぼく自身も全員は把握しきれていませんので割愛させて頂きます。ご了承ください。)

【プチお勉強メモ】三重県松阪市の読み方が「まつさかし」だと今日初めて知った。ずっと、「まつざかし」だとばかり思っていたから……。茨城県の読み方が「いばらぎけん」ではなく「いばらきけん」であるように、濁音と清音の読み分けは難しいね。こういう例は他にもたくさんありそう……。人の名字にも多いかも。たとえば「中島」さんは、東の方は「なかじま」さんだけど、西の方では中島美嘉さんのように、「なかしま」さんだものね。人の名字を間違えて発音すると失礼になるから注意しなくちゃね……。
nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -