So-net無料ブログ作成

『幸腹な百貨店 デパ地下おにぎり騒動』読了~! [日記]


幸腹な百貨店 デパ地下おにぎり騒動

幸腹な百貨店 デパ地下おにぎり騒動

  • 作者: 秋川 滝美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


秋川滝美さんの『幸腹な百貨店 テパ地下おにぎり騒動』を読了~! 実は、高橋伝治という昭和なオッサン(年齢設定ではぼくよりも年下なのだが、それでもオッサンだと思ってしまう^^;)と古株女子店員の花村瑠衣のキャラがどうにも苦手で、「だから女房子どもに逃げられるんだよ!」とか、「それじゃいつまでたっても嫁の貰い手はないぞ!」と内心でツッコミを入れつつ、それでも一気に読んでしまった。
相変わらず売上低迷の続く堀内百貨店、地下の惣菜売り場のテコ入れを目論み、ここ最近人気店になったおにぎり屋「米よし」の誘致に乗り出すが、頑固オヤジは首を縦に振らない。ところが、そのおにぎりの味を生み出したのが、近所の商店街の中にある、その頑固オヤジの母親が切り盛りする「おかず屋はる」であることがわかり、高齢の母親が店を孫に譲って引退するのをきっかけに、今度は「はる」の誘致に乗り出すのだが……。

まあ、商売をされているお宅は跡継ぎのことなどでどこも頭を痛めるのでしょうねぇ……。生まれながらにして家業を継ぐべき人間として育てられたなら、それで納得できる場合は良いけれども、自分の進みたい道が他にあれば、親子・兄弟間でもめて険悪な状況に陥ることもあるのでしょう。うちはサラリーマン家庭で良かった~☆彡!
nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2017/06/15



※ 他愛ないつぶやきにまでnice!やコメントを頂き、ありがとうございます! イラッと来た内容がプライベートに関わることで詳しくは書けなかったのでわかりにくいかもしれませんがご勘弁ください^^;。