So-net無料ブログ作成

体調不良と昨日読んだ本。 [日記]

午後から体調がおかしくなりました。全身がだるくてミシミシと痛む。風邪の初期症状にも似ていますが、せきや鼻水、のどの痛み等はなく、普段は頭痛・肩凝り・首凝り持ちのぼくなのに、今日は珍しくそれらの症状もありません。ほんの少し熱が出ているのか多少の寒気はありますが、食欲は旺盛で普通に動けてもいるので、たぶん、軽い感染症か何かの罹り初めではないかと思います。この程度なら、しっかり食べて、水分を摂って、ゆっくりと眠れば大丈夫でしょう。明日の朝になっても症状が変わらない、もしくは悪化した場合には、近所の掛かり付けの医院に行こうかと思っています。今日は早目に休みます^^;。

ただ、忘れないうちに昨日読んだ本を挙げておきます。まあ、ぼくの備忘録代わりですが……。『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』。

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本


何でも村上春樹さん、小説執筆の傍らで、すでに70冊以上の翻訳書を出版されているのだとか……。ベテラン翻訳家でもそう簡単には到達できない量でしょう。翻訳の仕事には、そこに行くまでの語学の習得や文章訓練も必要ですから、仕事を開始するのがどうしても遅くなりますもんね~。おまけに、翻訳は「楽しみ」でされているのだとか……。本書の中で対談されている東京大学名誉教授の柴田元幸さんも、翻訳は「遊び」でされているそうですよ。仕事のできる方々は仰ることが違いますね~! ただぼくは、このご両人の翻訳談義が大好きなんですよ~。以前、『翻訳夜話』も読みましたが、堅苦しさや説教臭さみたいなところが全くなく、ざっくばらんで、翻訳初心者でも決して自信を失くすことなしに楽しんで読めると思いますよ。ちなみに村上春樹さん、この書籍の出版を記念してか、紀伊國屋サザンシアターで翻訳に関するトークショーを開催するらしいですね。参加してみたい気もしますが、今のぼくにはいろいろな意味で敷居が高すぎますね……^^;。

P.S. 北斗晶さんのご長男の留学先はカナダのようですね~。目標をどこに置いているのかはわかりませんが、語学留学(英語?)ならば、カナダはグッド・チョイスだと、ぼくは個人的に思います。ぼくならば、モントリオールの語学学校でトライリンガル(「フランス語で英語の授業を受ける」、みたいな)に挑戦したいかもですね……。

nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の教育って……。 [日記]



偶然目にした動画なのですが、いろいろな意味で「おかしいぞ!」と思いました。これが今の日本の教育の実態だとするなら、昭和ど真ん中生まれのオヤジのぼくはやはり疑問を感じてしまいますね~。ともかく1度最後までご覧になってください。ぼくはまず問題の出し方そのものがおかしい(そもそも「掛け算」を習ったあとに出題すべき類の問題ではないのか?)と思い、そして、担任教師の対応が冷淡すぎる(子どもが納得できるようなコミュニケーションの取り方があるはずだ)と感じました。「習っていないことで点数に差が出るのは不平等であり、間違いであるとされているようです」という理論には納得しかねます。自分の子どもがこういう答案もしくは宿題を返されて来たら、親はどういう対応をすれば良いのでしょうね……。

★    ★    ★

子ども繋がりの話題ですが、新小学一年生が将来就きたい職業で、「YOUTUBER」が25位に急上昇したらしいですね~。「YOUTUBERは稼げる」という噂が広がっているからでしょうか。やはり昭和オヤジには隔世の感がありますね。YOUTUBERと言われてすぐに頭に思い浮かぶ人物もいませんし、広告収入で稼ぐというメカニズムすら理解できていないですもん^^;。オヤジはこうしてますます時代に置いてきぼりにされる……(>_<)。

★    ★    ★

フランスの大統領選挙の一次投票の結果、超党派のマクロン氏と極右のルペン氏が決選投票に臨むようですね~。トランプ氏のアメリカ大統領就任に次いで、フランスも変わりそうですね。


nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時代の違いかな? [日記]

以前、北斗晶さんのブログをときどき読ませてもらっていること、その中で、ご長男が海外留学される予定だという記事を読んだことを記事にしました(⇒2016年11月7日の記事)が、今日はその後日談です。
ご長男はこの3月に高校を卒業し、近々海外(渡航先は明かされていませんが)に出発されるそうです。先日、そんなご長男の同級生とその親御さんたちが集まって、壮行会を兼ねたバーベキュー大会をされたそうですが、高校を卒業して海外に旅立つのがご長男だけではないことにビックリしました。夏に出発する人や秋に出発する人もいるそうですが、本当に海外留学が珍しくもない時代になったんですね~。それなりの語学力は蓄えてのことだと思いますが、それでも、最近の18歳の行動力には驚かされますね~。たしかに日本政府も高校・大学時代の海外留学を推奨していますし、大学によっては海外で取得した単位を日本での単位に充当できる制度があったりもしますもんね。ぼくの高校・大学時代とは隔世の感がありますよ……。ただ、以前にも書いたかもしれませんが、ぼくが中学・高校の頃、「1年か2年、イギリスかフランスに留学したい」とよく言っていたと、両親は言うのですが、ぼく自身は全く記憶にありません^^;。まあ、30歳でフランスに9か月留学できたのですから、望みが叶ったと言えば叶ったのでしょうけどね……。英語のひとつもしゃべれなかった18歳では、とても留学の決断はできなかったと思います。それにしても、今の時代は親御さんも大変ですよね、精神的にも経済的にも……。
nice!(24)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『居酒屋ぼったくり7』、一気読み完了~! [日記]


居酒屋ぼったくり〈7〉

居酒屋ぼったくり〈7〉

  • 作者: 秋川 滝美
  • 出版社/メーカー: アルファポリス
  • 発売日: 2017/03
  • メディア: 単行本


ソネブロのブロガーさんでもある秋川滝美さんの人気シリーズ、『居酒屋ぼったくり7』を一気読みしました~! いつものように美味しいお酒や料理レシピが満載なのですが、気の良い常連さんたちやご近所の人たちとの人情話に加えて、今回はちょっぴりシリアスな展開もありましたよ。人間、いつも平穏無事に楽しく暮らしていられるとは限りませんもんね~。ときには個人的に大きな悩みや問題を抱えたり、他者からの心ない攻撃や仕打ちにさらされて嫌な思いや辛い思いをしたり……。でも、「捨てる神あれば拾う神あり」で、誰かに助けてもらったり励まされたりしながら何とか乗り越えて生きて行くものなんですよね~。
今回の作品に出て来た「スコッチエッグ」は懐かしかったですね~。小学校高学年くらいの頃だったと思うのですが、雑誌か何かに載っていたのを見た母が作ってくれました。味はもう覚えていませんが、作ってくれたのはその1度だけ……。きっと調理手順が面倒だったのでしょうね……^^;。同様の理由から、ロールキャベツも1度っきりしか作ってくれませんでしたね。こちらも雑誌か何かに載っていたと思います。作り慣れない料理はたしかに面倒ですよね~。

昨日今日と、「まさに春~!」と思うような陽気になりましたね~。桜の開花も足踏み状態でしたが、これから徐々に咲いて行くことでしょう。近所の小さな児童公園や環八の中央分離帯に植えられている桜の中には、すでにかなり咲いている木もありましたが、全般的にはまだこれからのようですね。

シリアでの化学兵器使用のニュースに、地下鉄サリン事件を思い出してしまいました。原爆や水爆も怖ろしい兵器ですが、化学兵器もまた怖ろしさでは引けを取りませんよね。「家族が次々に地面に倒れて……」というような報道にはゾッとしました。もしも化学兵器を空中散布されたらとか考えると、背筋が凍るほど怖ろしくなりますね。今なら、ドローン等を使った遠隔操作での、無人での散布も可能かもしれません。怖い怖い!
nice!(28)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

信じる者は救われる……、かな? [日記]



どういう根拠があってこのような音楽が生まれるのかはわかりませんが、まあ、エイプリルフールでもあることですから、読書の際のBGMとして、あるいはお休み前のリラックスタイムに、「だまされたつもり」で聴いてみてください。信じる者は救われる……、かな?(笑)音楽を聴くだけで最強の金運が得られるのなら、日本人誰もが大金持ち~!(再笑)
ちなみに、ヒーリング・ミュージック等では「1/fのゆらぎ」が人にヒーリング効果をもたらすと言われていますが、必ずしも科学的に証明されているものではないそうです。
nice!(22)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感