So-net無料ブログ作成
検索選択

『失踪者上・下』、読了~! [日記]


失踪者〈上〉 (創元推理文庫)

失踪者〈上〉 (創元推理文庫)




失踪者〈下〉 (創元推理文庫)

失踪者〈下〉 (創元推理文庫)

  • 作者: シャルロッテ・リンク
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 文庫



Twitter等で翻訳者の浅井晶子さん本人が大プッシュしていた作品、シャルロッテ・リンク著『失踪者上・下』を一気に読んだ。ドイツ人作家のミステリーはこれが初めてだと思う。シャルロッテ・リンクは1年に1作くらいのペースで長編小説を書きあげ、そのどれもがベストセラーになるほどの人気作家だそうだ。浅井さんの翻訳が良かったので、かなりの長編にもかかわらず、翻訳物だと全く意識せずに読み通すことができた。翻訳者の末端のぼくが言うのも何だけれども、最近は優秀な文芸翻訳家の方が増えて来ていると思う。以前は、かなり上手い翻訳家の作品でも、ところどころに「翻訳臭さ」みたいなものが感じられたが、最近は、初めから日本語で書かれた作品かと思えるほど自然な日本語で読める作品が多くなったように感じる。

イングランドの田舎町に住むエイレンは、ジブラルタルで行なわれる幼なじみのロザンナの結婚式に出席するためにロンドンへと向かうが、霧のためにヒースロー空港で足止めを食らい、そこで出会った親切な弁護士リーヴ氏の家に泊めてもらうのだが、それを最後に行方不明になる。そのため、リーヴ氏には殺人の疑いがかけられた。それから5年後、ジャーナリストのロザンナは結婚後初めての仕事の依頼を受け、エイレンを含めた失踪者についての記事を書くことになって、調査を開始したところ、エイレンを知っているという男からの連絡を受ける。弁護士リーヴとともに男の元に駆けつけるが別人と判明する。ところが、その女はなぜか正真正銘のエイレンのパスポートを所持していた。彼女はそのパスポートをどこでどうやって手に入れたのか? はたしてエイレンはどこでどうしているのか?

文庫本下巻の裏表紙には、「最後の最後にあなたを待つのは、震えるほどの衝撃だ」と書かれている。この作品には息をも継がずに先を読み進めたくなるほどスリリングな場面も多いのだが、それに比べれば、結末はむしろ、穏やかに真実が明かされる感じだったとぼくは思う。いずれにしても読みごたえのある良い作品だった。機会があれば他の作品も読んでみようかと思っている。

【追加記事】
以前、えーちゃんさんのブログで「ペヤング焼きそばギリチョコレート」が紹介されていましたが、明星の一平ちゃんシリーズの焼きそばもやってくれたみたいですよ~! 食べられた方の感想も、「トラウマになるほどの激マズ」から「美味しく頂きました」まで、かなりのバラつきがありました。個人的には、残念ながら、ひとりで買って試してみるほどの勇気はございません^^;。

yakisobachoco.jpgyakisobashortcake.jpg
nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 20

コメント 4

えーちゃん

一平ちゃんの変な焼きそばも一応チェックしてたんだけど、うちの地域のスーパーは何処も売ってませんでした(^^;
ペヤングのチョコ焼きそばは思ったほどまずくはなかったよ。
by えーちゃん (2017-03-18 01:42) 

NONNONオヤジ

えーちゃんさん、おはようございます~!

うちの近所ではどれも目にしたことさえないんですよね~。
なので当然、試したこともない……。
こういう商品って、「きっと美味しくはないだろう」という先入観を
持って試しがちなので、「ほら、やっぱりマズかったじゃないか!」と
感じてしまうんだと思うんですよね。
ニュートラルな気持ちで食べてみれば、感想もまた違って来るのかも
しれません。
ただやはり、ひとりで買って試す勇気はないですね~^^;。
by NONNONオヤジ (2017-03-18 07:31) 

たわむれ王

ノンノンさんのおっしゃるように、
私も海外作品の翻訳は違和感があるものとばかり思っていて、
敬遠しがちだったんですが、最近は違うんですね!

ちなみに、私は未だに「蜜蜂と遠雷」を読んでいる途中です。

ピアノコンクールって、奥が深いんだなあってのがとりあえずの印象です(笑)
by たわむれ王 (2017-03-18 10:30) 

NONNONオヤジ

たわむれ王さん、こんにちは~!

一応、翻訳者の端くれでもあるぼくが言うのもおかしいのですが、
実はぼく自身、翻訳物は違和感があって好きじゃなかったんですよ^^;。
ところが最近は全く違和感なしに読める翻訳作品が増えて来たのを
実感してまして……。翻訳者の質が向上したのでしょうね~。
それに比べると、自分自身の実力の無さが恥ずかしくなりますが……(>_<)。
by NONNONオヤジ (2017-03-18 11:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0