So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの気持ち……その後。 [日記]

まず最初にお詫びします。昨日の記事の「バカ親」という表現は乱暴すぎましたね。大学時代のそのテキストの内容、もしくは講義をした教授の説明ぶりが、そういう感じのものだった記憶があって、つい書いてしまったのですが、不快な思いをされた方がいらっしゃるかも知れませんね。申し訳ありませんでした^^;。

さて、昨日の答えですが、昨日の何人かの方のコメントへの返事ですでに書いてしまいましたが、端的に言うと、「やったことをほめても、性格・人格的なことはほめるな!」ということです。例の場合、男の子が長時間、車の助手席にじっと大人しく座っていたという事実だけをほめてあげてください。「長い時間、よく辛抱して座ってたね~」というように。「お利口さんだったわね~!」と言ってしまうと、子どもは、「ぼくはいつもいつもお利口さんなわけじゃないぞ~!」ということを示したくて、わざと怒らせるような行動を取りがちなのだそうです。もちろん、子どもの行動や態度にも個人差はあると思いますが。

これは叱るときも同じだそうです。「やったことは叱っても、性格・人格的なことは叱るな!」ですね。たとえば、カップを床に落としジュースを撒き散らしてしまったとき、「しっかり持ってなきゃダメでしょ!」は良くても、「どんくさいヤツだな!」とか「この、おバカ!」は良くないということですね。

話は少しそれますが、北欧の国々では、親は決して人前で子どもを叱らない、と聞いたことがあります。子どもの視線と同じところまで姿勢を低くして、静かに言い聞かせるのがせいぜいだとか。何となく理解できる気がします。以前、大勢の部下の前で、上司からの激しい叱責や罵倒を受け続けた中間管理職がうつ病になったというようなニュースがあったと記憶しています。仕事上のミスや不手際・不注意を叱責することと、大勢の前で人を辱めたり貶めたりすることとは話が別だと思います。それと同じことで、北欧の親たちは、人前で子どもたちに恥ずかしい思いをさせるようなことはしないのでしょうね……。


4月14日追記:
本来なら独立記事にすべきかもしれませんが、機を逸してしまった感があるため追記とさせて頂きました。
昨日4月13日の早朝、兵庫県の淡路島付近を震源とする、最大震度6弱の地震が起きました。阪神大震災を経験されている皆さんは、あの日を思い出して恐怖を感じられたことと思います。怪我をされた方々、住宅その他に被害のあった方々には心からお見舞い申し上げます。大規模な火災等の被害がなかったのが幸いでしたね。しばらくは余震に気を付けながら安全に過ごしてくださいませ。
実家のある和歌山市は「震度4」でした。阪神大震災のときと同じ震度です。両親にも家にも特に被害はありませんでした。実家に電話を入れると、「仕事はどう? 元気にやってる?」などと、地震の話はそっちのけで、逆にぼくの方が心配されてしまいました。まあ、そんな調子だったので安心しました。お気遣いのコメントを下さった皆さん、ありがとうございました。

夜になって、東北・関東地方でも地震がありましたね。座っていると、お尻の下からボコボコと突き上げるような感覚があったので、「離れたところで大きな地震が起きてるかも?」と思ったら福島県でした。うちの方の揺れはごく軽かったものの、ちょっと不気味な感じで妙にドキドキしました……^^;。関西で大きな地震が起きた昨日の今日だったからでしょうか……。
nice!(28)  コメント(24)  トラックバック(0) 

nice! 28

コメント 24

たわむれ王

娘を持つ親として、とても参考になるお話ですね。
私自身、特に意識していることはないのですが、
妻と私で一緒になって叱ることのないよう(どちらかがフォローに回るよう)気をつけています。
子どもの躾ってなかなかに難しい…。

これからも、精進したいと思います(*・ω・)ノ

それはそうと、トップのチューリップ畑はピグライフの影響でしょうか?(笑)
by たわむれ王 (2013-04-10 07:13) 

獏

褒め方 叱り方 どちらも親が感情に任せるのではなく
怖い顔 優しい顔の後ろで冷静に考えていないと
いけませんね・・・・・反省しております。。。。(@@;)))

by (2013-04-10 07:22) 

NONNONオヤジ

たわむれ王さん、おはようございます~!

大学時代の授業の受け売り記事です……^^;。
子どもを持たないぼくが偉そうに書いちゃいました……^^;。
昔なら、おじいちゃんやおばあちゃんがフォロー役に
回ったのでしょうね。
今ならご夫婦どちらかがその役目を担うんですね。
この年になっても、「ぼくには子育てはできない!」と
思います、恥ずかしながら(>_<)。

トップ画像、たまたまピグライフとかぶっちゃいました~!
でも、「橙」のチューリップは見当たりません……^^;。
by NONNONオヤジ (2013-04-10 07:47) 

NONNONオヤジ

獏さん、おはようございます~!

ほめるときはともかく、叱るときはどうしても感情に任せがちに
なっちゃいますよね~。これは子どもが相手の場合だけでなく、
大人同士でもよくあることですね。
腹が立ったときには心の中でゆっくりと10数えてみると良い、
とかって聞いた記憶があります。
それで少しは冷静になれるということでしょうか……。
by NONNONオヤジ (2013-04-10 07:53) 

秋川滝美

どうでしょう・・
子どもと犬はその場で叱らないと駄目じゃないかと
思います。(笑)
何が悪かったのかわからなくなるから・・
でもそれは必ず「叱る」でなければならず
「怒る」であってはいけないですよね。
目の高さにしゃがんで静かに言い聞かせるのは「叱る」
上から怒号を浴びせるとは全然違います。
ヨーロッパの人はみなどこでも「叱って」いたんじゃないかなあ。
日本の人は、怒るが主流ですかね・・私も・・・(反省)
by 秋川滝美 (2013-04-10 08:11) 

NONNONオヤジ

秋川滝美さん、おはようございます~!

子どもを持ったこともないぼくが言うのもなんですが、
「叱る」と「怒る」の区別って難しいですよね~。
これは大人同士の間でも同じだと思います。
ヨーロッパの親は、大人の領域と子どもの領域との
ケジメに厳しいとか言われますが、その分、
冷静に子どもを「叱る」ことができているのでしょうね。
ぼくも感情に任せて「怒る」ことが多いので反省します^^;。

by NONNONオヤジ (2013-04-10 09:41) 

いっぷく

やったこと、やってしまったことと人格を結び付けていけないわけですね。
ほめるはともかく、叱るはつい人格や性格と結び付けがちですね。
by いっぷく (2013-04-10 17:08) 

NONNONオヤジ

いっぷくさん、こんばんは~!

子どもによって個人差はあると思うのですが、一般的には、
やったことだけをほめたり、叱ったりするのが良いそうです。
人格的なことをほめたり叱ったりすると、「ぼくは(私は)いつも
そういうわけじゃないのに……」と感じて、反抗したり落ち込んでしまったりするらしいですよ。これは大人同士でも同じですよね^^;。
by NONNONオヤジ (2013-04-10 19:19) 

ゆうのすけ

子供と同じ視線にして 見つめ合うと言うのは 大事ですよね!☆
また 昼間と夜の気温差が ありますね。お身体に影響が出ませんように!☆
by ゆうのすけ (2013-04-10 22:09) 

NONNONオヤジ

ゆうのすけさん、こんばんは~!

子どもの視線に合わせること、子どもの気持ちに寄り添うことは
大事だと思いますね。
難しいですが、感情に流されずにほめたり叱ったりすることも……。

今夜は少し肌寒いですね。風邪など引きませんように……^^。

by NONNONオヤジ (2013-04-10 22:22) 

銀狼

上の方も書いておられますが
「叱る」と「怒る」の区別が出来ていない人が多いんですよね。
って、私が偉そうに言えないんですが^^;
自分の子供に対してもそうですし、
会社の部下・後輩に対しても人前で叱る事はしないように
努めております。
仕事的には自分が若手の頃、それでかなり嫌な思いをしたので
自分がされて嫌な事は人にしないようにしようと。。。
by 銀狼 (2013-04-10 23:15) 

NONNONオヤジ

銀狼さん、こんばんは~!

ぼくも含めてですが、「怒る」と「叱る」の区別ができてない人って多いですよね~。冷静に「叱る」なんてことは、それなりの訓練でも積まない限り、なかなかできそうにないですもんね……^^;。
以前、小学生の女の子が、クラスのみんなの前で担任の先生に叱られて、翌日から学校に行かなくなったというような話を聞いたことがあります。そのくらい、人の心に強い影響を及ぼすものなんですね~。「自分がされて嫌なことは他人にしない」、大切なことだと思います。
by NONNONオヤジ (2013-04-10 23:53) 

Aちゃん

ダメ親は乱暴な言葉なのでしょうか?
そう言えば、昔、ダメ親父ってのも流行ったね(^^;
今の時代は表現の自由は豊かになったけど、言葉の表現は逆に難しくなった気がします。
by Aちゃん (2013-04-11 15:03) 

NONNONオヤジ

Aちゃんさん、こんにちは~!

ぼくが間違っていたので訂正しました^^;。
前日の記事で書いた「バカ親」は良くないと思ったから、
訂正しようとして、なぜか「ダメ親」って書いちゃいました。
ぼく自身がおバカでしたね……^^;。
「ダメ親父」というのは、キャラ的に愛着が持てて悪くないですよね!
「表現の自由」の前に、「公序良俗に反しない」という大前提が
ありますから……。言葉は難しいですね……^^;。

by NONNONオヤジ (2013-04-11 16:50) 

オカジュン765

こんばんは。まいど訪問おおきにです。
叱る事は難しいですね。SEだった頃、私は叱る事が苦手で仕事を抱え込んだ苦い思い出があります。
by オカジュン765 (2013-04-11 19:59) 

NONNONオヤジ

オカジュン765さん、こんばんは~!

「叱る」ことって本当に難しいですよね~。
感情に任せて「怒る」ことはたやすいかもしれませんが……。
上手に部下をほめたり叱ったりできるのも、上司としての
重要な能力かもしれませんね……。ぼくも苦手でした……^^;。
by NONNONオヤジ (2013-04-11 20:32) 

足立sunny

仕事場で、皆んなに「怒りんぼ」だと言われておりまして、(スグにかっとなる性格なのですが)自分では、怒っているつもりはないのです。理由を示して、繰り返さないように、諭しているつもりなのですが・・・。
やはり、相手の立場や気持ちを汲んで、話をしなければ通じないのだ、と、改めて反省しております。

by 足立sunny (2013-04-12 19:16) 

NONNONオヤジ

足立sunnyさん、こんばんは~!

職場で叱るのって難しいですよね。昨今では、下手をすると
「パワハラ」とかって言われかねないですもんね^^;。
普段からのコミュニケーションも大切だと思うのですが、
仕事上のミスや不手際だけを指摘するようにして叱って、
「本当にトロいヤツだな!」みたいに、人格に関わることを
口にしなければ大丈夫なのではないでしょうか……。
by NONNONオヤジ (2013-04-12 21:07) 

竜眼寺暁

こんばんは☆
教育って難しいですね。^^;

本内容と関係ないのですが、思い出すのは中学にイジメがあって不登校になった時、担任の先生や他の教員から不良のレッテルを貼られたのがショックでしたね…。
学校や教員の評価が響くからかもしれませんが、そのおかげでグレるようになり、しばらくは人間不信に陥りました。(苦笑)

『人を動かす』の本では、「率直で、誠実な評価を与える」のが大事とD・カーネギーが記していました。
その目利きを養えるように努力したいものです。
by 竜眼寺暁 (2013-04-13 00:50) 

NONNONオヤジ

竜眼寺暁さん、こんばんは~!

学生時代のことはよく竜眼寺さんのブログ記事にも書かれてましたよね~。ぼくの学生時代にもそれなりにいろいろなことがありましたが、今ほどのイジメ等はなかった気がします。学校、あるいは各学年によっても違いはあるのでしょうけど……。

教育現場は本当に大変だと思います。昨今の教師や教育委員会等の指導のあり方に疑問を感じたり反感を持ったりすることも多いですが、逆に、生徒のために親身になって学校教育に取り組んでいる先生方も多いと思うんです。そういう先生方に頑張って頂きたいです。

「率直で、誠実な評価を与える」、そう簡単にはできないことですよね……^^;。
by NONNONオヤジ (2013-04-13 01:41) 

銀狼

今朝方の地震、ご実家の方は影響なかったでしょうか?
相当大きな地震だったようで、何事もなければいいのですが・・・
by 銀狼 (2013-04-13 13:52) 

NONNONオヤジ

銀狼さん、こんにちは~!

ご心配いただき、ありがとうございます!
実家のある和歌山市は「震度4」で、特に被害はありませんでした。割に長く揺れたので気持ち悪かったようですが……。
淡路島の「震度6弱」はかなり大きいと思いましたが、阪神大震災後にしっかりと耐震のための対策が講じられていたのか、それほど大きな被害には至らずに済んだようですね。
by NONNONオヤジ (2013-04-13 15:33) 

ゆうのすけ

地震心配ですね。南海トラフ どうこう言われていますし 小さいけれど余震も続いてますね。
今後も大きな被害が無いことを願います。☆
by ゆうのすけ (2013-04-13 19:23) 

NONNONオヤジ

ゆうのすけさん、こんばんは~!

地震にビックリして実家に電話したら、「どう? 元気にやってる?」ってぼくのほうが聞かれました^^;。どんだけノンビリしてるんだ~、うちの両親……。
今回の地震でエネルギーが発散されて南海トラフ地震が遠ざかるか、あるいは、この地震に刺激を受けて活動が活発化するか……。いずれにしても備えは必要ですね。
by NONNONオヤジ (2013-04-13 20:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。