So-net無料ブログ作成
検索選択

お願い

当ブログで流しておりますBGMに関しまして、何人かの方からご指摘がありましたので、あらためてご説明させて頂きます。
実は、左側サイドバーの下の方の『Musique』欄にYOUTUBEの小さいのが貼り付けてありまして、皆さんにブログを訪問して頂いた際に、自動的にBGMが流れる設定にしてあります。
ところが、記事中にもYOUTUBEが貼り付けてある場合、音声が重なって聴くことができないとのご指摘がありました。その場合は、お手数をお掛けして申し訳ありませんが、『Musique』欄の方のYOUTUBEの音声を「ミュート」にして頂けると有難いです。その際、記事中のYOUTUBEも同時に「ミュート」状態になっていると思いますので、今度はこちらの「ミュート」を解除してください。ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。
前の10件 | -

Twitterまとめ投稿 2017/02/24


また一歩、還暦に近付きました^^;。 [日記]

今日で59歳になって、また還暦に一歩近付きました。年金受給者になる日も遠くないな……^^;。
そこで、2月21日生まれの有名人をちょっと調べてみました。
前田吟さん(俳優)73歳、井上順さん(タレント・歌手)70歳、川端健嗣さん(フジテレビアナウンサー)55歳、ハイヒール・モモコさん(漫才師)53歳、伊藤つかささん(女優・歌手)50歳、ゆうたろうさん(ものまねタレント)47歳、酒井美紀さん(女優)39歳、要潤さん(俳優)36歳、香里奈さん(モデル・女優)33歳、川嶋あいさん(歌手)31歳……。
意外に大勢いらっしゃるんですね~。皆さん、誕生日おめでとうございます~☆彡☆彡☆彡~!

【追記】GOOGLEも「HAPPY BIRTHDAY」バージョンになっていましたよ~\(^o^)/!
user-birthday-5656109189693440.2-scta.jpg

Twitterまとめ投稿 2017/02/20


『夜行(森見登美彦著)』――直木賞候補作、読了~! [日記]


夜行

夜行



昨日図書館で借りて来て、今日、何かに惹き込まれるように一気に読んでしまった本、森見登美彦著『夜行』。
京都のとある個人経営の英会話スクールに通っていた仲間6人が鞍馬の火祭りを見に行き、その帰りに長谷川さんが忽然と姿を消してしまう。それから10年後、私(大橋)が、残る4人を再び鞍馬の火祭へと誘う。火祭り見物の前に、久々に再会した5人は鞍馬の宿で、それぞれがこの10年間にした旅について語り合うのだが、どれもが不可思議な体験に満ちたものだった。キーワードとなるのが、銅版画作家、岸田道生の「夜行」というタイトルの連作で、5人ともに、旅先で彼の画と出会っていたのだ。そして、話が一段落したところで火祭りを見に出掛けたのだが、時すでに遅く「後の祭り」状態であったので、仕方なく宿まで歩いて帰ることにした5人に、また不思議な出来事が起こるのだが……。

森見氏は1979年生まれということで、ぼくよりも20歳以上年下の作家である。おまけに、『夜は短し歩けよ乙女』などというタイトルの作品もあったので、誠に失礼千万ながら、きっとチャラい文章を書く作家だろうという先入観を持っていたのであるが、実際にはものすごくきちんとした文章を書く作家さんだった。直木賞の候補作になるだけある。『夜行』は、ファンタジーミステリーホラー、ジュブナイル等の特徴をすべて併せ持つような作品だが、終盤には、写真のネガがポジに変るような、黒と白が反転するような驚きのどんでん返しが待っていた……。

チャチャラチャラチャラ、チャッ、チャッ、チャッ~! [日記]



YOUTUBEで偶然見つけた動画なのですが、この、「♪~チャチャラチャラチャラ、チャッ、チャッ、チャッ~!」というフレーズが頭から離れません^^;。2015年7月、川﨑麻世さんが32年ぶりにリリースした新曲『無条件』らしいです。楽曲の出来についてはYOUTUBERの間でも賛否両論のようですが、難しく考えずに曲のノリを楽しめば良いかなと思いました。

原語(韓国語)版の動画を差し替えました。最近、人気上昇中の韓国人演歌歌手、パク・ジュニョンさんのライブでのパフォーマンスです。彼の楽曲の『河口湖』や『羽田発』は、演歌色がそれほど強くないのでぼくも好きです。



【金井夕子さん情報】
「今年6月新宿2丁目デビュー!」だそうです。何でも新宿2丁目で行われる何かのイベントで生歌を披露する予定だとか……。金井夕子さんの生歌は30数年ぶりくらいではないでしょうか。場所が場所だけに、誰でも簡単に参加できるというわけにはいかないかもしれませんが、詳細を待ちたいと思います。

根雪のような憎しみも溶かすことができる? [日記]

http://portal.nifty.com/kiji/170206198727_1.htm

ぼくの好きな作家、小路幸也さんもこの記事をTwitterで引用されてましたが、こういう心境になれるものなのかな? ぼくも60年近く生きて来ましたから、決して多くはないですが、根雪のような憎しみが心の奥底に残る相手がいます。「憎しみからは何も生まれない」とはよく言われる言葉ですが、でもねぇ、そこは生身の人間ですから……。
 
【個人的プチ・メモ】
「根雪が解ける」「根雪を溶かす」と漢字を使い分けるのだそう……。こういう漢字の使い分けって難しいね。「雪解け」はあっても「雪溶け」はないということか……。

淫行疑惑? [日記]

親とはぐれたアタシに、何かと優しく面倒を見てくれるアニキができました。

社会に出たときに役立つような、いろいろな技も教えてくれました。

ひとりぼっちで不安を抱えながらさまよい歩いていたときは心細くて堪りませんでしたが、

アニキに出会えたおかげで、平穏な毎日を過ごせるようになりました。

でも、アニキの本心は違っていたのです。

つい昨日のことです。

いつものようにアニキのそばに近寄って行くと、アニキはいきなりアタシの首根っこをつかみ、

抗うスキもないうちにズボッ!

アタシの身体はまだ大人じゃないのに、無理やり「女」にされてしまったのです。

何かの間違いで、赤ちゃんができてたらどうしよう……。

今日もアニキはアタシを探していたようですが、アタシはアニキと顔を合わせないように

じっと身を潜めていました。お腹が空いたけど、ご飯を食べにも行けない……。




実は近所のニャンコのことです。昨年3月に生まれた4匹のうちの1匹(♂)(あとの3匹は姿を見なくなってしまいました。誰かが連れて帰ったのか、あるいは行動範囲が広がったせいで姿が目に付かなくなっただけなのかはわかりませんが)が、昨年10月に生まれて新たに仲間に加わったニャンコ(♀)とできちゃったみたいなんです。ニャンコは生後1年くらいで成猫になると聞いていますが、♂ニャンコの方はすでに生後11か月で成猫に近いですが、問題は♀ニャンコの方で、まだ生後4か月くらいですが、そのくらいで交尾しても大丈夫なんでしょうか……。人間で言えば18,9歳の若者が小学3,4年生の女の子とHしたような感じになりますが、これって問題ですよね? まあ、当の♀ニャンコは今日も元気そうにしていましたが、数ヵ月後にまた、近所に子ニャンコが増える可能性もあるのでしょうか……?

そう言えばこの♂ニャンコ、最近鳴き方がおかしいなと思っていたんですよ。いつもは「ご飯おくれ~!」とばかりに、近所の家のドアの前で餌をもらうまでしつこく鳴いていたのに、最近はブロック塀の上を歩きながら鳴いたり、あっちに走っては鳴き、またこっちに走っては鳴きしていたので、おそらくかの♀ニャンコを探していたんだと思います。その証拠というか、近所の人が餌を差し出しても食べようともせず、ただ鳴き続けているだけのようでしたから。今日が立春ですが、ニャンコたちにとっては「La saison d'amour」の始まりなのでしょうか……。

La Chandeleurはクレープの日~! [日記]

ぼくは知らなかったのですが、今日2月2日のフランスは、冬至から40日目の「La Chandeleur(聖母お清めの祝日)」で、「クレープの日」だそうです。歴史的な由来があるようですが、あいにく詳しくないので省略して、この日は各家庭でクレープを焼いてお祝いするみたいですね。左手にコインを握りながら、右手でフライパンを振ってプレープを高く上げてひっくり返すのが「しきたり」だそうです。かなりの技術が要りそう……^^;。フランスの習慣は別にしても、今日のおやつにクレープを焼いて食べるのも良いかもしれませんね。ちなみに日本の「クレープの日」は、モンテールが制定した「9の付く日(9日、19日、29日)」だそうですよ。

で、明日は節分。近所のスーパーでは先日来「恵方巻き」の予約を受け付けていました。七福神に因んで7種類の具を巻いたものが正式な恵方巻きですが、最近は2,3種類の具を巻いた細めのものが多いようですね。今年の恵方は、「北北西やや北」だそうですが、微妙な方角ですね^^;。簡単に作れそうな、みきママさんのレシピを紹介しておきます。昨年2016年の動画ですので、恵方は違ってます。ご注意ください。

消えゆくFlash Player? [日記]

Piggのスタッフブログでのコメントで、「Flash Playerってもうすぐ消えるのに、なぜHTML5に対応しないのだろう?」って書き込みがあって、プログラムに全く疎いぼくはちょっとビックリしたのですが、ひと時代もてはやされたツールも、やがては終焉を迎えるものなんですねぇ……。
まあ、自分でタグうち(今でもこういう言い方をするのかな?)してホームページ等を作る気はサラサラないので、もしもPiggがHTML5仕様になったなら、それに対応できるブラウザやそのバージョンを選んで使えばいいかな、くらいにしか考えていないんですけどね。IT企業に勤める皆さんも大変ですね、次から次へと新しいことをマスターしなくちゃいけなくて……。還暦目前のオヤジには付いていけませ~ん、というより、付いていこうと思う気力すらないですね^^;。200字詰めの原稿用紙に手書きで訳文を書いて翻訳学校の事務局に提出していた頃が懐かしい……。20年ほど前のことです。今のワープロソフトとは違って、手直しするとなれば一から書き直さなければなりませんでしたから、かなりの集中力を要しました。今となってはそれもまた懐かしいですね~。

Twitterまとめ投稿 2017/01/31


前の10件 | -