So-net無料ブログ作成

お願い

当ブログで流しておりますBGMに関しまして、何人かの方からご指摘がありましたので、あらためてご説明させて頂きます。
実は、左側サイドバーの下の方の『Musique』欄にYOUTUBEの小さいのが貼り付けてありまして、皆さんにブログを訪問して頂いた際に、自動的にBGMが流れる設定にしてあります。
ところが、記事中にもYOUTUBEが貼り付けてある場合、音声が重なって聴くことができないとのご指摘がありました。その場合は、お手数をお掛けして申し訳ありませんが、『Musique』欄の方のYOUTUBEの音声を「ミュート」にして頂けると有難いです。その際、記事中のYOUTUBEも同時に「ミュート」状態になっていると思いますので、今度はこちらの「ミュート」を解除してください。ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。
前の10件 | -

還暦を迎えました……。 [日記]



今日無事に還暦を迎えることができました。十二支がちょうど5巡したということですね。たいして頑張った記憶もありませんが、多くの方々に支えられ助けられて、大きな病気もせずにこうして60年間生きて来られたことに感謝します。日本人の平均寿命からすれば、あと20年余り生きられるようです。「あと20年しかない」でしょうか、それとも「まだ20年ある」でしょうか? ともかく何とか天寿を全うできればと思います。

ところで、SNS上で誕生日のお祝いをすることに関して、こういうニュース記事があったようですが、皆さんはどうお考えでしょうか。(「こういうニュース記事」の部分をクリックして頂ければ、当該ニュース記事のサイトに飛びます。)その記事をお読みいただいた上で、今日のコメントを頂ければ有り難いです☆彡!
nice!(22)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

すっかりハマりました~! [日記]

先日読んだ『珈琲店タレーランの事件簿』シリーズにすっかりハマり、第2巻から第5巻まで続けて読んでしまいました。シリーズとはいえ、各巻それぞれに「作り」が違っているのも面白かったですね。

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)

珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)

  • 作者: 岡崎 琢磨
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2013/04/25
  • メディア: 文庫


この第2巻では女性バリスタ美星の妹、美空が京都に遊びに来て、その果てに誘拐されてしまうのですが、美星の推理が冴え、警察より先に妹を救出してしまうというストーリー。

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

珈琲店タレーランの事件簿 3 ~心を乱すブレンドは (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 岡崎 琢磨
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/03/24
  • メディア: 文庫


第3巻は関西バリスタコンペティションの大会中に起きた「異物混入事件」を解決へと導く本格的な「半密室ミステリー」仕立てになっていました。

珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 岡崎 琢磨
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/02/05
  • メディア: 文庫


第4巻は、「五種類のフレーバーで」とあるように、いつものメインストーリーから少し離れて、それぞれにカラーの違った短編集になっていました。



第5巻ではアオヤマが淡い初恋の相手と11年ぶりに偶然再会し、アオヤマの中学時代の思い出と現在の物語とが交互に綴られていきます。ほんの少し重い感じのする作品でした。
もうすでに第6巻のリリースが待ち遠しくなっています。いや、シリーズが続くのかどうかはわかりませんが……。
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

クレジットカード紛失騒動~! [日記]

今日の午後、図書館の帰りにいつものスーパー寄って買い物をし、レジで会計をしてもらったら、財布の中のクレジットカードがない! 今日は小銭程度の現金しか持ち合わせてなかったので、「クレジットカードを忘れ来てしまったので」と言い訳して買ったものを預かってもらい、一度店を出た。一応「忘れて来た」とは言ったものの、頭の中は「どこで失くしたんだろう?」という思いで半ばパニック状態。図書館で利用者カードを取り出すときに落としたのかもしれないと思って図書館に戻り、係員に尋ねてみたが返事はノー。そのまま一度家に戻り、探してみたがはやり見つからない。仕方なく近くのATMで現金をおろしてスーパーに戻り、精算を済ませたところで念のためにサービスカウンターの係員にも尋ねてみた。そしたら、何と4日前の15日にスーパーに寄った際に店内に落として帰っていたことが判明! 3日間預かっていたが取りに来なかったので昨日交番に届けたとのこと。クレジットカードが無事だったことにホッと胸をなでおろし、駅前の交番に行ったら、もう荻窪警察署の方に回してしまったとのことで、それから荻窪警察署に電話で確認して取りに行って来た、気忙しく歩き回ったせいでぐったりと疲れたけど まあ、クレジットカードが無事で良かった~!

【後日談(2月20日記)】
今日カード会社から連絡があって、ぼくが警察にカードを受け取りに行く前に、警察からカード会社の方に電話があったらしく、カードはすでに無効にされていて、新たなカードを発行したので1週間くらいで届くとのこと。警察もカード会社もやることが素早いなぁ~!
nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

個人的読書メモ……。 [日記]


駐在日記 (単行本)

駐在日記 (単行本)

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/11/18
  • メディア: 単行本






ここ3日ほどで読んだ本2冊。毎度おなじみの小路幸也さんの『駐在日記』とお初の若手作家、岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』。
『駐在日記』の方は、山間の集落の交番に新たに赴任して来た若い駐在さんとその奥さん、そしてご近所さんたちとの物語。一応、事件らしきものはいくつか起きるのだが、冷たい法で裁くよりも温かい人情で裁いていくあたりが小路作品らしいところかな。いつものようにハートウォーミングな作品だった。
『珈琲店タレーランの事件簿』は京都の小路の一角にある、知る人ぞ知るといった風情の珈琲店タレーランで働く若き女性バリスタと客との物語。「このミステリーがすごい!」大賞の最終候補に残った作品だそう。設定もキャラクターも悪くないし、文章も達者なのだが、肝心のミステリーの部分が弱いということで惜しくも大賞は逃したらしい。その部分を加筆修正して出版されたようなのだが、「事件簿」と銘打つにはまだ少し弱い気がした。が、読後感は悪くないので、むしろ青春小説とか恋愛小説のつもりで読んだ方が良いかもしれない。まだ30歳過ぎの若い作家さんなので先が楽しみ。この『珈琲店タレーランの事件簿』はシリーズ化されていて、すでに第5作まで出版されているようなので、順を追って読んでみようかと思っている。1作ごとに成長の跡が伺えるかも……(と、ド素人のオヤジが言うのもどうかと思うけど^^;)。

2月10日の今午後8時半。今頃、金井夕子さん+まめしばは渋谷のサラヴァ東京でライブの真っ最中~! YOUTUBE劇場にアップされるのをひそかに楽しみにして待つことにしよう!

nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

確定申告終了、そして……。 [日記]

平成29年度分の確定申告(と言っても還付請求ですが)は無事終了~! 今回は寒い中を税務署まで行くのが面倒だったので、近くの郵便局から郵送しました。ちゃんと届けば、今月末までには還付金が振り込まれることでしょう。たかが還付金されど還付金、貧乏翻訳者には貴重なお金です^^;。
で、郵便局からの帰りにいつものスーパーに寄ろうと思って歩いていたら、西武新宿線井荻駅で人身事故に遭遇……。本川越方面行きの電車が駅を離れた妙な位置に停車していて、消防車両や警察車両が動いていたので人身事故だとわかったのですが、現場を見るのは今回が初めて。乗客の中の医師や看護師に救出活動の応援を呼びかけていたという情報もありますが、ぼくが駅前近くまで来たときには処理はほぼ終わっていて、ホームの端にはブルーシートを掛けられた物体があり、ストレッチャーに乗せられようとしているところでしたが、これってもしかして……。人間って案外小さくなっちゃうものなんだな……。
昨年10月(10月10日の男子高校生)に続き、つい先週(1月31日の女子高校生)、そして今日(2月7日の身元不詳者)と、井荻駅での人身事故はわずか5か月の間に3回も起きています。人身事故が多発することではJR総武線の新小岩駅が有名で、いろいろと対策が講じられているようですが、井荻駅が西武新宿線の新小岩駅のようになってしまっても困ります。駅自体が飛び込みやすい構造になっているのであれば、何らかの改善策が望まれますね。あるいは、前に亡くなられた方の魂が同じような境遇にある方の魂を誘い込むのでしょうか。自ら命を絶つことになった原因や理由、背景はわかりませんが、いずれにしましてもご冥福をお祈りいたします。

昨日の「ひるソン」を見ました。と言うか他のことをしながら聴いていただけですが、金井夕子さん、『オリエンタル・ムーン』を歌われました。リリース当時と比べると、変な言い方ですが、声の角が取れて丸くなり、全体的に柔らかくなったような気がしました。『可愛い女と呼ばないで』も聴いてみたいですね~!
nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

『おらおらでひとりいぐも』! [日記]


おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞

おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞

  • 作者: 若竹千佐子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: 単行本


先日芥川賞を受賞された若竹千佐子さんの『おらおらでひとりいぐも』を読んだ。主人公は日高桃子さん、75歳。夫と死別し、息子や娘も独立して、今はひとり孤独に暮らしている。その桃子さんの心の声が東北弁で語られ、そんな桃子さんに寄り添うように、作者の若竹さんが標準語で物語を進行させる、そんな感じのほっこりとした作品である。高齢化社会の日本では多くの人が経験することになる老いと孤独の日々。話し相手もいない毎日を過ごす桃子さんも例外ではないのだが、逆に、誰に気を使うこともなく自分の思うままに生きられる自由を手に入れたと思って、ひとり前向きに暮らして行こうとする……。
165ページの、ぼくが普段読んでいるミステリー等と比べればかなり短い作品なのだが、なぜか、ページをめくる手が遅くなる。東北弁がわかり難いわけではないし、なじみのない難しい言葉が頻出するわけでもない。ゆっくりとページをめくりながら、桃子さんの東北弁の独り言をじっくりと噛み締めたくなるからである。標準語ではきつく感じる言葉も東北弁にすると柔らかくなる。桃子さんの言葉に耳を傾けながら、ときには「うんうん」と頷きながら読み進めて行くのが楽しかった。10年後20年後の自分を想像して身につまされそうになることもあったが、全体としては、春先の縁側で日向ぼっこをしているような温かさを感じる作品だった。
この作品の中で覚えた言葉。「紅旗征戎わがことにあらず」。藤原定家の『明月記』の中の言葉で、「大義名分をもった戦争であろうと(所詮野蛮なことで、芸術を職業とする身の)自分には関係のないことである。」の意(ウィクショナリーより)。何時の時代にも、戦争に対する「大義名分」というのは本当に厄介なものだと思う。

★    ★    ★ 

先日ほどではありませんが、今日の東京は雪の朝になりました。今は雪も雨も止んで積もった雪もどんどん解けています。
日本では明日が節分ですね。恵方巻きを準備している方もいらっしゃるでしょう。今年の恵方は「南南東」だそうですよ。ひとり暮らしのぼくは豆撒きも恵方巻きの丸かじりもしませんけどね^^;。
一方、クリスマスから40日目の今日2月2日は「聖燭祭」だそうです。聖母マリアとナザレのヨセフがイエス・キリストをエルサレム神殿に連れて来た日で、ずいぶん以前にも一度記事にしたような記憶があるのですが、フランスではこの日、コインを握りしめながらクレープを焼いて食べる習慣があるそうです。コインを握ったままでクレープを焼くのって難しそうじゃない?

昨日スーパーで食パンを買ったら、例のピンク色の丸いシールが付いていました。今年も始まったんですね~、「ヤマザキ春のパンまつり」! 去年はお皿を2枚貰いましたが、今年はどうかな?
nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

新たな人種差別と金井夕子さんライブ情報! [日記]

ここのところ世界各地でアジア系の留学生や旅行者が暴行を受けたり金品を巻き上げられたりする事件が多発しているようですね。特に中国人に対する差別的扱いや暴行事件が増えているらしいです。ぼくが見聞きしたところでは、ロンドンで韓国人旅行客が「アジア人だから」という理由だけでワインボトルで殴られた、オーストラリアでバスを待っていた中国人留学生が「中国へ帰れ~!」と叫ぶ少年グループによって暴行を受けて所持品を奪われた(追記:オーストラリアには、根拠は何もないのだが、「中国人留学生=スパイ」説というものがあるらしい)、イタリアの列車内で、やはり中国人旅行者が「お前が華人だから殴るんだよ!」と言われて暴行を受け、病院で治療を受けた等、特にこれと言った理由もなく、ただ「アジア人だから」「華人だから」というだけで暴行を受けているらしいのです。南アフリカ共和国での制度的な黒人差別がやっとなくなったと思ったら、今度はアジア系の人間に対する新たな差別が始まったのでしょうか……。今のところ、日本人に対する暴行事件の噂は聞いていませんが、「アジア人だから」という理由なら日本人も決して例外ではありませんよね。旅行や出張、留学等で海外に出掛けられる皆さん、身の回りの安全には十分に気を付けてくださいね。余談ですが、アメリカでは最近「白人至上主義者」の勢力が増大して来ているようです。トランプ大統領も「アメリカが一番!」みたいなことをよく言っているようですし、こちらもちょっと心配ですね。
日本も安倍政権による右傾化が噂されていますが、たしかに自国の利益や愛国心も大事ですが、世界各国が自国の利益を守ることだけに躍起になり過ぎたり、必要以上に愛国心を煽り立てるような政策を取ったりして、国民の目が自国の内側にばかり向けられるようになると、往々にしてこういう差別行為が起きて来るらしいですね。食料や資源に乏しい日本は諸外国からの輸入なしでは国民の生活が成り立ちません。他の国でも、程度の差はあれ同じような状況だと思います。人種・民族・宗教・イデオロギー・言語等を超えて、世界各国の人々が上手に共存できる時代が来て欲しいと思います。

★    ★    ★

来る2月10日、渋谷のサラヴァ東京で金井夕子さんのライブが行なわれます。

o0480048014119301577.jpg

興味のある方、チケットのご予約はこちらのサイトのフォームからどうぞ→http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20180210.php

もうひとつ金井夕子さん情報です。来る2月6日、テレビ東京の「ひるソン」(午前11:35~11:40)に出演されるそうです。たった5分間の帯番組なのかな? 何を歌われるのでしょうね。

★    ★    ★

今日の昼過ぎ、自宅最寄り駅の西武新宿線井荻駅でまた人身事故がありました。係員が靴とシュシュを拾っていたという目撃情報から、どうやら女子高生が飛び込んだようです。電車が止まったり遅れたりして立腹された方も多かったようですが、自殺者を非難するよりもむしろ、当人を自殺にまで追い込んだ背景をしっかりと見極めてきちんと対処して頂きたいと思います。そうしなければまた同じことが繰り返されるだけですから。
nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

人それぞれに悩みあり……。 [日記]

昨日今日とお二方の訃報が飛び込んで来ました。ひとりはスピードスケート女子短距離でソチ冬季五輪代表の住吉都選手。平昌五輪への出場は逃したようですが、まだ30歳という若さでした。死因は公表されていませんが、自宅での死去ということで自殺ではないかと見られています。何かに悩んでいたとの噂もあるようです。もうひとりは「朝まで生テレビ」の保守派の論客で有名だった西部邁さん。多摩川で自殺を図り溺死されたようです。78歳でした。
奇しくもお2人ともに自殺されたらしいということで、年齢や性別、職業、地位等を問わず、人それぞれに悩みや心配事を抱えてられるものなんですね……。まあぼくも、小さな不安や悩み、心配事を挙げればきりがありませんが、それでも、家族や友人・仲間等に助けられ支えられて何とか生きていますよ。「死んで花実が咲くものか!」と言いますが、生きていたからと言って花実が咲くとは限りません。ただ、その可能性は「0」ではないということなのでしょうね。1%の可能性に賭けてでも元気に生きていなくてはいけないのかもしれません。いずれにしましても、お二方のご冥福をお祈りいたします。悩みや心配事を忘れて、どうぞ安らかにお休みください……。

★    ★    ★

昨日昼前から降り始めた雪は、日付が今日に変わる頃には止んだようですが、朝起きると一面の雪景色でしたね~。近所の方が昨夜のうちに雪かきをして下さっていたおかげで、今朝ゴミを出しに行くのも楽に済みました。昨夜お手伝いすれば良かったのですが、それほど親しくない近所の方なので躊躇ってしまいましたが、こういうときにこそ近所付き合いをしておけば良かったのかもしれませんね。今さら言っても後の祭りですけどね……^^:。
明日から明後日にかけて、今度は実家のある近畿地方にも雪が降るようですね。通勤・通学の際には十分にお気を付けください! 寒くなりますから風邪やインフルエンザにも要注意ですよ。

nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

美味、いなりあげもち~! [日記]

あられ・おせんべい・おかき・和菓子の店「もち吉」さんをご存知でしょうか? 先日、そのもち吉さんで売られている「いなりあげもち」がアメブロのブロガーさんの間で話題になっていて、スーパー等で売られている「いなりずし用味付けあげ」と餅でも簡単に作れるということで、昨日作ってみました。ちなみに、「もち吉」さんで売られている商品はこちらです(もち吉さんのホームページ→http://www.mochikichi.co.jp/)。
inariage.jpg


ぼくは、スーパーのPB商品のあげ「味付けいなり(下の画像)」と城北麺工の「杵つき餅(食べきり、50g×4個入り)(画像なし)」を使って作りました。
ajitukeinari.jpg

まず、味付けいなりあげを開いて中に餅を詰めます。餅が少し大きかったので、端っこを切ってあげに入る大きさにしました。餅が食べきりで、「開封後はその日のうちにお召し上がりください」となっていましたので4個作りました。あとは電子レンジに入れてチンするだけです。加熱時間はもち吉さんのホームページに出ていますが、もち吉さんの商品はもっと小さめのため、今回は4個で約3分間加熱しました。そして、ぼく独自の考えで、チンした後のいなりあげもちの両面をサッとフライパンで焼いて焦げ目を付けてみました。ものの5分ほどでできてしまう「いなりあげもち」ですが、これが美味! 新しい餅の食べ方としてはまりそうです。餅の方には何も味が付いていないので、そのままで食べるとちょっと味が濃すぎると思うくらいの「味付けあげ」を使うと美味しくできます。味が薄い場合は醤油を少したらすと良いそうです。加熱時間は電子レンジによって違うと思いますので、様子を見ながら餅が柔らかくなるまで加熱してください。お正月の餅がまだ残っていましたら是非お試しください! 昨日はおやつに4個全部食べたので、夕飯があまり入らないほどでした。餅は腹持ちが良いですもんね~☆彡!
nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -